体脂肪を落としてシェイプアップする2つの方法

体脂肪を落としてシェイプアップする2つの方法

 

夏真っ盛りの時期にダイエットしたいけれど、中々続かなかったり、
続いたとしても効果が出ないという方は多いのではないでしょうか。

 

 

そこで、必ず効果の出るシェイプアップの2つの方法を説明致します。

 

まず、ダイエットする為に1番大切なのは、食事管理です。
その次に、筋肉量を増やす事です。

 

 

食事だけでダイエットを試みる方もいると思いますが、それは危険です。

 

食事だけで痩せようとすると無理な食事制限や栄養不足などにより、
身体を壊してしまう可能性があります。

 

 

1番ベストなのは、適切な食事管理をしつつ、運動で筋肉量を増やす事です。

 

 

 

ダイエットを始める時は徹底的に炭水化物を制限

 

 

炭水化物を制限する事によって、脂肪を溜め込みづらい身体を作る事ができます。

 

 

そして、炭水化物を初めに食べるのではなく、
野菜などの食物繊維を沢山取り、その後に炭水化物を摂るようにしましょう。

 

 

こうする事により、野菜の食物繊維で血糖値を下げるので、
炭水化物摂取による急激な血糖値を上昇を抑える事ができます。

 

また、なるべく空腹時を作らないようにしましょう。

 

空腹時に食事を取ってしまうと、
身体に糖質が吸収しやすくなってしまいます。

 

 

なので、食事の回数を増やしましょう。

 

 

1日に3食が基本ですが、1日5食にしてみましょう。
しかし、食事の全体量は以前よりも減らしてください。

 

食事の回数を増やす事により、
急激な血糖値上昇を抑える事ができる為、
太りづらい身体にする事ができます。

 

 

 

そして、食事の際はよく噛むようにしてください。

 

 

これも、血糖値が関わっており、よく噛む事によって満腹中枢を刺激し、食べ過ぎを防ぐ事ができます。

 

 

また、お肉などのタンパク質も必須です。

 

 

タンパク質は筋肉生成には必要ですし、
豚肉などに含まれるビタミンBには脂肪燃焼効果があり、ダイエットには効果的です。

 

 

お肉の脂肪分が気になるという方もいると思いますが、お肉に含まれる脂肪分は身体に吸収しづらいと知っていましたか。

 

 

お肉の脂肪分は炭水化物と一緒に摂ってしまうと当然、身体に吸収しやすくなってしまいますが、
お肉単体で食べる場合はほとんどの脂肪分が体外へ排出されます。

 

 

お肉などのタンパク質を摂り、
トレーニングをして筋肉量を増やせば脂肪燃焼効果にも繋がるので、
必ず摂るようにして下さい。

 

 

1番脂肪燃焼に効果的な運動方法

 

 

運動には2種類あり、無酸素運動と有酸素運動です。

 

 

無酸素運動とは、
筋力トレーニングなどの呼吸が苦しくなるようなトレーニングの事を言い、
心拍数が(200-年齢×0.8)と言われています。

 

 

心拍数が分からない方も、
スマートフォンアプリなどでも心拍数を測れるアプリがあるので、試してみて下さい。

 

また、有酸素運動はランニングなどの軽いトレーニングを指します。

 

 

1番脂肪燃焼に効果的な方法は、無酸素運動の後に有酸素運動をする事です。

 

 

無酸素運動にて糖質を消費し、有酸素運動で脂肪を燃焼しやすくします。

 

 

通常に有酸素運動だけを行うよりも2倍の脂肪燃焼効果があると言われています。
なので、食事管理と運動習慣を見直して、実践するようにしてください。